ナースが教えるメディカルチェックについて

現代の医療は「病気を治す」事から「予防する」医療に変化しています。病気の予防や早期発見には、メディカルチェックが必要となります。ナースの目線で、様々な場面で必要となるメディカルチェックをご紹介します。お問い合わせ先は こちら

ブライダルチェックで健康状態を知ろう

ブライダルチェックで健康状態を知ろう

LINEで送る
Pocket

ブライダルチェックの必要性

ブライダルチェックと言うと最近の流行言葉に聞こえますが、昔から嫁入り前には健康なお嫁さんなのか、子供を産める体なのか調べていたそうです。実はこう書いている私も結婚が決まった時はブライダルチェックをしています。結婚が決まれば女性もある種の責任感を持つと思います。ちゃんと子供が産める体なのか、健康な奥さんでいられるのかと考えるのは当たり前だと思いますし、少しでも不安があるなら結婚前に調べておきたいと思うはずです。では、現代のブライダルチェックはどのように行われているか調べてみました。

ブライダルチェックの内容

ブライダルチェックは主に産婦人科で行っており、子宮検査(子宮頸がん、卵巣チェック等)や性感染症の有無、ホルモン検査をします。検査方法は血液検査と尿検査、問診と内診、超音波検査(エコー)等になります。通常の婦人科検診と大きな差はありませんし、検査時間は問題が無ければ30分程度で終わります。検査結果は1週間~10日で出ますので、再来院して結果を聞きます。
病院によっては検査結果を郵送してくれますので、仕事で忙しい人は郵送の有無を確認しておくと良いでしょう。産婦人科は出産や病気以外では行きたくないという女性も多いと思いますが、結婚前にきちんと調べておくのが花嫁の責任と考え、ブライダルチェックを受けましょう。

健康診断とブライダルチェックの違い

勤務先や自治体で行う健康診断や子宮頸がん検診を受けていてもブライダルチェックが必要?と思う人もいるかと思いますが、健康診断や検診では検査しない部分をブライダルチェックでは検査します。子宮や卵巣の異常や、性感染症が無いか、妊娠しにくい要素が無いかまで検査しますので、女性として安心できる内容となっています。
費用は18,000円前後となりますが、安心料を含めると高くはないかと思います。特に最近は晩婚化が進み、30代後半で初産の女性もいます。高齢になれば妊娠、出産にリスクが伴いやすくなりますので、その点でもブライダルチェックの重要性が高いと言えます。
ただし、ブライダルチェックは妊娠できるかどうかを調べるものではありません。仮に子宮や卵巣に問題点が見つかっても、妊娠、出産できる事もありますので、気負わず検査を受けましょう。たとえ病気が見つかったとしても、パートナーと相談して2人で良い人生が送れるように考えましょう。

男性も必要なブライダルチェック

ちなみに、ブライダルチェックは女性のものだけではありません。男性も結婚して家族を持つ事を決意したなら結婚前に人間ドック等で検診を受ける事をおすすめします。最近では、お笑い芸人が結婚前に検診を受け、腎臓ガンが見つかった話がありました。運良くガンは切除でき、現在は仕事をしながら再発に備えた定期検診を受けているようです。ガンが発見された時は結婚を諦めようと思ったようですが、彼女から夫婦になって一緒にガンと闘おうと言われ結婚を決意したそうです。人生を共にすると決めたパートナーだからこそ言える言葉ですね。

ナースが教える人気記事

ページトップ