ナースが教えるメディカルチェックについて

現代の医療は「病気を治す」事から「予防する」医療に変化しています。病気の予防や早期発見には、メディカルチェックが必要となります。ナースの目線で、様々な場面で必要となるメディカルチェックをご紹介します。お問い合わせ先は こちら

歯周病を事前に防ごう

歯周病を事前に防ごう

LINEで送る
Pocket

歯周病の予防

最近はオーラルケア(口内ケア)ができる歯磨き粉や歯ブラシ、歯周病予防グッズ等が人気を呼んでいます。歯周病とは、歯と歯茎の隙間の歯周ポケットに細菌が入り込み、歯茎が腫れて骨が溶けてしまい、最後は歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病は自覚症状が少なく、知らない間に進行する病気です。驚く事に現代人の80%は歯周病リスクを持っていると言います。若いうちから入れ歯にならないように、セルフチェックしながら歯周病予防をして健康な歯を維持しましょう。

歯周病のセルフチェック

歯周病はある程度病気が進行すると自覚症状が現れますが、なかなか気がつきにくいのが難点です。早期に歯周病を防ぐ為のセルフチェックポイントは、朝起きた時に口の中にねばつきがある、歯と歯の間に隙間ができたり口臭が気になるようになった、歯が長くなったと感じる等です。また、堅い物が食べにくくなったり、歯磨きの時に出血するようになった時も同様に歯周病の危険性があります。
このような症状がある場合は歯科医で診てもらう事をおすすめします。歯周病の予防方法は、歯垢や歯石を溜めない事が大切です。正しいブラッシングを身につけ、歯ブラシの他に歯間ブラシやデンタルフロスを用いて歯と歯茎をキレイにする事が必要となります。最近は、歯周病予防をする歯磨き粉や、デンタルリンスがありますので活用すると良いでしょう。ただし、歯周病が気になるからといって力を入れたブラッシングや、歯磨きのしすぎは逆に歯茎を痛める原因となりますので注意しましょう。

歯科医でケアを受けよう

歯科医での定期検診は、主に虫歯と歯周病の早期発見と早期治療が目的になります。虫歯や歯周病になってしまうと長期の治療が必要となりますので、早いうちに発見して短期間で治せるようにしましょう。また、虫歯や歯周病が治っても定期的に歯科医に通い、メンテナンスをしてもらいましょう。自分で取り切れない歯石や着色汚れを取ってもらったり、正しいブラッシング方法を教えてもらう事で再度の虫歯や歯周病を予防する事ができます。
歯の治療は長期の治療計画を立てますので、治療中に歯科医を変えるのは好ましくありません。ですので、信頼が持てて長い付き合いができる歯科医を探すと良いでしょう。厚生労働省が推奨する「8020(はちまるにいまる)運動」にあるように、80歳になっても20本全ての歯を残し、美味しくご飯が食べられるようにしたいですね。

ナースが教える人気記事

ページトップ